山中人事労務オフィス

無料相談

TEL:0798-56-7860

受付時間:9:00〜18:00(日祝除く)

「なぜ山中人事労務オフィスによる
人事・労務・教育の仕組みづくりで、
業績アップするのか?」
という質問にお答えします。

独自力・強みが針路を照らす

経営者の皆様の願いは、業績アップや安定的な事業運営だと思います。そのために大切なのが人事・労務・教育施策です。

「何から手をつければいいのかわからない」という場合、まず、「独自力・強み」の棚卸しから始めます。
「なぜ自社の商品やサービスが受け入れられているのか」、「なぜお客様に選ばれているのか」を考えてみるのです。

ここを掘り下げることで、他社にはない「独自力・強み」の輪郭が現れます。自社の得意分野は何か?
どの分野を伸ばすべきか?など進むべき方向がはっきりしてきます。

経営者の考え方ひとつで、会社が変わる!

「独自力・強み」が明確になり、進むべき方向が決まれば、次のようなことが可能になります。

  • ●社員の育成方針(求める人材像等)が定まる
  • ●人材育成の要所を押さえたプログラムの作成・実行
  • ●適材適所への人員配置
  • ●人事評価制度における各評価項目を明確にする

これらにより、能力に応じた正しい評価を示すことができ、従業員の士気が向上、企業の成長につながります。

人件費を抑えることも、ときには必要です。しかし、経営者が「ヒト」を「コスト」として扱うか、「家族のようにかけがえのない存在」 として捉えるかが、分岐点になります。

社員は、利益を生み出す原動力であり、組織運営の資産です。そこをおざなりにしては明るい未来はやってきません。。

どんな会社もできる! 目標達成の確かな方法

「ランニングが生きがいの『走る・サブスリー人事労務屋』です。毎日コツコツと走ることを続けています。フルマラソン50回連続4時間以内完走が目標です」

マネジメントの本質は、部下のモチベーションを上げること。つまり、細やかなヒューマンスキル・コミュニケーションにより築かれた信頼関係を軸に、押したり引いたりしながら、部下のポテンシャルを引き出し、実力を発揮してもらうことです。

そのためには企業風土の見直し、組織全体の意識改革が必要です。経営者自身が変われば、社員も変わります。地道な努力を継続すれば、 必ず変わります。

私は、プライベートではランニングに熱中し、初マラソン以来5年間で40回のフルマラソン大会に出場。すべて4時間以内で完走しています。

社員は、利益を生み出す原動力であり、組織運営の資産です。そこをおざなりにしては明るい未来はやってきません。完走できた理由は 毎日走ることを継続していたからです。奇策はなく、地道な努力の継続以外に方法はありません。

何事も継続することは難しいことです。しかし、その難しさを乗り越え、地道に努力を積み重ねれば、必ず目標達成はできます。 人事・労務・教育の仕組みをつくり、それをしっかり継続することで、皆様の会社がさらに素晴らしい会社になることを祈念しています。

 

事業概要

 

山中人事労務オフィス
代表 山中俊哉

    【略歴】
  • 1968年   兵庫県西宮市出身
  • 1991年   関西学院大学経済学部卒業
  • 1991年   東証一部上場の輸送機器メーカーに入社(人事総務部門へ配属)
  • ・入社以来、人事労務総務部門に所属し、人事・労務・採用・教育・給与等の業務に
       従事
  • ・人事制度、賃金制度、評価制度の全面改訂(三度)を実施。プロジェクト長として
       企画、制度設計、労使交渉、運用へ向けた諸調整、従業員説明会等を完遂
  • ・採用業務全般(担当者業務から選考業務まで)を遂行
  • ・役員、管理職、組合員の報酬・賃金カット等の緊急対策を完遂
  • ・長年、労使交渉の会社側メンバーとして、労使関係業務を実践
  • ・海外人事労務のプロジェクト長として、海外現地法人の労務管理を遂行
  • ・2年間、大手電機メーカーのシンクタンク(総研)に出向派遣。経営企画・マーケティング等を実践
    2012年   21年間勤務後、円満退職。山中人事労務オフィスを設立
  • ・顧問契約等を通じて、人事労務分野における各種支援を実施中
【事業概要】
        
社名 山中人事労務オフィス
代表者 山中 俊哉
所在地 〒662-0032 兵庫県西宮市分銅町1-5 ジュネス夙川501
TEL 0798-56-7860
FAX 0798-74-4069
専門 人事労務コンサルタント、特定社会保険労務士、第一種衛生管理者
    
  
  

アクセス

お気軽にオフィスへお越しください!
[最寄駅] 阪神「西宮駅」より約600メートル